外部発表

学術雑誌

  1. 堀内俊治, 新井田統, 滝嶋康弘. インタラクティブ視聴を実現する音場のズーム合成技術の研究開発. 映像情報メディア学会誌. 2019, 73(1), 167–172, doi:10.3169/itej.73.167. (招待論文). [Award]
  2. Hagiya, Toshiyuki; Horiuchi, Toshiharu; Yazaki, Tomonori; Kawahara, Tatsuya. Typing Tutor: Individualized Tutoring in Text Entry for Older Adults Based on Statistical Input Stumble Detection. Journal of Information Processing. 2018, 26, 362–374, doi:10.2197/ipsjjip.26.362. (Specially Selected Paper). [Award]
  3. Hagiya, Toshiyuki; Horiuchi, Toshiharu; Yazaki, Tomonori; Kato, Tsuneo; Kawahara, Tatsuya. Assistive Typing Application for Older Adults Based on Input Stumble Detection. Journal of Information Processing. 2017, 25, 417–425, doi:10.2197/ipsjjip.25.417.
  4. 林田亘平, 中山雅人, 西浦敬信, 山下洋一, 堀内俊治, 加藤恒夫. 音声の線形予測残差の尖度に基づく近接/遠隔話者の判別. 電子情報通信学会論文誌 A 基礎・境界. 2015, J98-A(2), 190–199. https://search.ieice.org/bin/summary.php?id=j98-a_2_190.
  5. Horiuchi, Toshiharu; Takayama, Shinya; Kato, Tsuneo. Passive Pointing System for Distant Screens Using Acoustic Position Estimator and Gravity Sensor. Journal of Information Processing. 2013, 21(2), 362–366, doi:10.2197/ipsjjip.21.362.
  6. Horiuchi, Toshiharu; Mizumachi, Mitsunori; Nakamura, Satoshi. Iterative Estimation and Compensation of Signal Direction for Moving Sound Source by Mobile Microphone Array. IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences. 2004, E87-A(11), 2950–2956. https://search.ieice.org/bin/summary.php?id=e87-a_11_2950.
  7. Fukuda, Takuya; Horiuchi, Toshiharu; Hokari, Haruhide; Shimada, Shoji. Relative Distance Perception by Manipulating ILD of HRTFs. Acoustical Science and Technology. 2003, 24(5), 325–326, doi:10.1250/ast.24.325.
  8. Horiuchi, Toshiharu; Hokari, Haruhide; Shimada, Shoji; Inada, Takashi. Adaptive Estimation of Transfer Functions for Sound Localization Using Stereo Earphone-Microphone Combination. IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences. 2002, E85-A(8), 1841–1850. https://search.ieice.org/bin/summary.php?id=e85-a_8_1841. [Award]

国際学術会議

  1. Horiuchi, Toshiharu; Niida, Sumaru; Takishima, Yasuhiro. OtonoVR: Arbitrarily Angled Audio-visual VR Experience Using Selective Synthesis Sound Field Technique. Proc. 27th ACM International Conference on Multimedia (MM 2019). Nice, France, 2019-10-21/25. 2019, 2211–2213, doi:10.1145/3343031.3350602.
  2. Yamada, Michika; Saze, Fumikazu; Horiuchi, Toshiharu; Okubo, Kan. Feature Analysis of Sound Direction Perception Using Frequency Band-Limited Stimuli: Extension of a Directional Band Model. Proc. 23rd International Congress on Acoustics (ICA 2019). Aachen, Germany, 2019-09-09/13. 2019, 6692–6699.
  3. Mizumachi, Mitsunori; Imanaga, Shouma; Horiuchi, Toshiharu. Perceptual Restoration of Intermittent Speech Using Human Speech-like Noise. Proc. 23rd International Congress on Sound and Vibration (ICSV 23). Athens, Greece, 2016-07-10/14. 2016, 1424–1429.
  4. Hagiya, Toshiyuki; Horiuchi, Toshiharu; Yazaki, Tomonori. Typing Tutor: Individualized Tutoring in Text Entry for Older Adults Based on Input Stumble Detection. Proc. 34th Annual ACM Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI 2016). San Jose, California, United States, 2016-05-7/12. 2016, 733–744, doi:10.1145/2858036.2858455.
  5. Hagiya, Toshiyuki; Horiuchi, Toshiharu; Yazaki, Tomonori; Kato, Tsuneo. Typing Tutor: Automatic Error Detection and Instruction in Text Entry for Elderly People. Proc. 17th International Conference on Human-Computer Interaction with Mobile Devices and Services (MobileHCI 2015). Copenhagen, Denmark, 2015-08-24/27. 2015, 696–703, doi:10.1145/2786567.2793690.
  6. Mizumachi, Mitsunori; Motomura, Satoshi; Takakura, Tomohito; Horiuchi, Toshiharu. Perceptual Restoration of Intermittent Speech Under Noisy Environments. Proc. 22nd International Congress on Sound and Vibration (ICSV 22). Florence, Italy, 2015-07-12/16. 2015, 4446–4452.
  7. Mizumachi, Mitsunori; Motomura, Satoshi; Takakura, Tomohito; Horiuchi, Toshiharu. Perceptual Restoration of Intermittent Speech Relying on Illusory Continuity. Proc. 7th European Congress on Acoustics (Forum Acusticum 2014). Krakow, Poland, 2014-09-07/12. (CD-ROM).
  8. Hayashida, Kohei; Nakayama, Masato; Nishiura, Takanobu; Yamashita, Yoichi; Horiuchi, Toshiharu; Kato, Tsuneo. Close/Distant Talker Discrimination Based on Kurtosis of Linear Prediction Residual Signals. Proc. 2014 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP 2014). Florence, Italy, 2014-05-04/09. 2014, 2346–2350, doi:10.1109/ICASSP.2014.6854015.
  9. Mizumachi, Mitsunori; Motomura, Satoshi; Takakura, Tomohito; Horiuchi, Toshiharu. Restoration of Intermittent Speech Based on Human Auditory Capability and Temporal Characteristics of Speech. Proc. 20th International Congress on Sound and Vibration (ICSV 20). Bangkok, Thailand, 2013-07-07/11. 2013, 1896–1902.
  10. Horiuchi, Toshiharu; Kato, Tsuneo. Measurement of Acoustic Transmission Properties of a Handset with a Piezoelectric Vibrator Using a Head and Torso Simulator. Proc. 21st International Congress on Acoustics (ICA 2013), 165th Meeting of the Acoustical Society of America, 52nd Meeting of the Canadian Acoustical Association. Montreal, Canada, 2013-06-02/07. 2013, 19, 030053, doi:10.1121/1.4800551.
  11. Horiuchi, Toshiharu; Sankoh, Hiroshi; Kato, Tsuneo; Naito, Sei. Interactive Music Video Application for Smartphones Based on Free-viewpoint Video and Audio Rendering. Proc. 20th ACM International Conference on Multimedia (MM 2012). Nara, Japan, 2012-10-29/11-02. 2012, 1293–1294, doi:10.1145/2393347.2396449. [Award]
  12. Mizumachi, Mitsunori; Ohga, Kouichi; Fujii, Minayo; Horiuchi, Toshiharu. Restoration of Intermittent Speech with Composite Gap-filling Schemes Relying on Human Auditory Capability. Proc. 19th International Congress on Sound and Vibration (ICSV 19). Vilnius, Lithuania, 2012-07-08/12. 2012, 1005–1012.
  13. Horiuchi, Toshiharu; Takayama, Shinya; Kato, Tsuneo. Acoustic-based Passive Pointing System for Distant Screens. Proc. 2012 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP 2012). Kyoto, Japan, 2012-03-25/30. 2012, 1689–1692, doi:10.1109/ICASSP.2012.6288222.
  14. Mizumachi, Mitsunori; Horiuchi, Toshiharu. Restoration of Intermittent Speech Signal Relying on Auditory Perceptual Capability. Proc. 162nd Meeting of the Acoustical Society of America. San Diego, California, United States, 2011-10-31/11-04. 2011, 130, 2525, doi:10.1121/1.3655078.
  15. Horiuchi, Toshiharu; Takayama, Shinya; Kato, Tsuneo. A Pointing System Based on Acoustic Position Estimation and Gravity Sensing. Proc. 2011 IEEE Symposium on 3D User Interfaces (3DUI 2011). Singapore, 2011-03-19/20. 2011, 105–106, doi:10.1109/3DUI.2011.5759227.
  16. Takayama, Shinya; Horiuchi, Toshiharu; Kato, Tsuneo. Passive Ultrasonic Pointing System Based on Three-dimentional Position Estimation. Proc. 20th International Congress on Acoustics (ICA 2010), 2010 Annual Conference of the Australian Acoustical Society. Sydney, Australia, 2010-08-23/27. 2010, 3056–3059.
  17. Horiuchi, Toshiharu; Kato, Tsuneo. A Sample-wise Acoustic Positioning Method Using Natural Gradient Adaptation. Proc. 20th International Congress on Acoustics (ICA 2010), 2010 Annual Conference of the Australian Acoustical Society. Sydney, Australia, 2010-08-23/27. 2010, 2932–2935.
  18. Yuan, Hao; Kawai, Hisashi; Horiuchi, Toshiharu. Reduction of Correlation Computation in the Permutation of the Frequency Domain ICA by Selecting DOAs Estimated in Subarrays. Proc. 2007 European Signal Processing Conference (EUSIPCO 2007). Poznan, Poland, 2007-09-03/07. 2007, 418–422. https://ieeexplore.ieee.org/document/7098837.
  19. Herbordt, Wolfgang; Horiuchi, Toshiharu; Fujimoto, Masakiyo; Jitsuhiro, Takatoshi; Nakamura, Satoshi. Hands-free Speech Recognition and Communication on PDAs Using Microphone Array Technology. Proc. 2005 IEEE Automatic Speech Recognition and Understanding Workshop (ASRU 2005). San Juan, Puerto Rico, 2005-11-28/12-01. 2005, 302–307, doi:10.1109/ASRU.2005.1566509.
  20. Horiuchi, Toshiharu; Mizumachi, Mitsunori; Nakamura, Satoshi. Iterative Compensation of Microphone Array and Sound Source Movements Based on Minimization of Arrival Time Differences. Proc. 2004 IEEE Sensor Array and Multichannel Signal Processing Workshop (SAM 2004). Sitges, Barcelona, Spain, 2004-07-18/21. 2004, 566–570, doi:10.1109/SAM.2004.1503012.
  21. Horiuchi, Toshiharu; Mizumachi, Mitsunori; Nakamura, Satoshi. An Iterative Compensation Algorithm of Coordinate Systems for a Mobile Microphone Array. Proc. 5th International Workshop on Microphone Array Systems—Theory and Practice. Pommersfelden, Germany, 2003-05-14/16. (CD-ROM).
  22. Horiuchi, Toshiharu; Hokari, Haruhide; Shimada, Shoji. Out-of-head Sound Localization Using Adaptive Inverse Filter. Proc. 2001 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP 2001). Salt Lake City, Utah, United States, 2001-05-07/11. 2001, 3333–3336, doi:10.1109/ICASSP.2001.940372. [Award]

学位論文

  • 堀内俊治. 仮想音源のバイノーラル再生と方向制御のための適応信号処理法に関する研究. 長岡技術科学大学, 2004, 99p., 博士論文. https://id.ndl.go.jp/bib/000007666730.

その他

  • 堀内俊治. 顧客体験価値 (ちょっとしたエッセイ, コーヒーブレーク). 日本音響学会誌. 2017, 73(7), 455, doi:10.20697/jasj.73.7_455.

報道発表

  1. KDDI総合研究所. マルチチャンネルサラウンドで楽しめる「音のVR」を開発. 2019-10-07.
  2. KDDI, KDDI総合研究所. KDDIとMUTEK Japan、世界最先端のデジタルアート&ミュージックの祭典「MUTEK.JP 2018」を共催. 2018-10-25.
  3. KDDI, KDDI総合研究所. au×ハロー! プロジェクト 推しメンの声が際立つ!「音のVR」による新音楽視聴体験コンテンツを制作. 2018-03-14.
  4. KDDI総合研究所. 「音のVR」を実現する、音場のズーム合成技術を開発. 2017-10-02.
  5. KDDI研究所, 日本アイ・ビー・エム, KDDI. KDDI研究所と日本IBM、シニアやスマートフォン初心者向けスマートフォン基本操作支援技術を開発. 2014-03-26.
  6. KDDI. 世界初、自由視聴点技術を活用したミュージックビデオアプリの提供開始について. 2012-03-12.
  7. KDDI研究所. スマートフォン上で自由視点メディアを再生できるアプリケーションを試作開発. 2011-10-03.
  8. KDDI研究所. 視聴位置を自由に変更可能な3Dオーディオ生成技術の開発. 2011-08-12.
  9. KDDI研究所. 高精度な三次元音源方向推定技術の開発. 2007-09-14.
  10. 国際電気通信基礎技術研究所. どこでも使える携帯型音声翻訳システムを開発. 2005-10-19.

取材対応

  1. KDDI. AIがコーチに! AR侍と対決! 目の前に国宝が! 5Gでできることを一足先に体験. Time & Space. KDDI. 2019-11-01.
  2. KDDI. 【CEATEC 2019レポート】4K/8Kやサラウンドといったオーディオ&ビジュアル技術を活用して、人間の感覚を補完・拡張してくれる各種テクノロジー機器が花盛り. Stereo Sound ONLINE. ステレオサウンド. 2019-10-15.
  3. KDDI総合研究所. 携帯から聞こえる声は本人の声ではない?. 知ったら戻れないセカイ. フジテレビ. 2018-11-17.
  4. KDDI. auがつくる「音のVR」、アンジュルム・和田彩花と川村文乃が語るその魅力. Mogura VR. Mogura. 2018-05-31.
  5. KDDI. 【ネタのたね】「音のVR」で楽曲発表. Newsモーニングサテライト. テレビ東京. 2018-03-15.
  6. KDDI. 『CEATEC JAPAN 2017』で自由視点VRを体験! 「auの5Gな未来」がスゴすぎる. Time & Space. KDDI. 2017-10-26.
  7. KDDI総合研究所. 【トレたま】誰でも聖徳太子. ワールドビジネスサテライト. テレビ東京. 2017-10-18.
  8. KDDI総合研究所. 携帯電話から聞こえる相手の声は本人によく似た別の声である。○か×か?. 究極の○×クイズSHOW!!超問!真実か?ウソか?. 日本テレビ. 2017-02-10.
  9. KDDI研究所. 徹底究明!「携帯電話の声は、本人の声ではない」説は本当なのか!?【後編】. Time & Space. KDDI. 2016-04-12.
  10. KDDI研究所. 徹底究明!「携帯電話の声は、本人の声ではない」説は本当!?【前編】. Time & Space. KDDI. 2016-04-04.
  11. KDDI研究所. 【Watch Report】スマートフォンの未来を探る. 埼玉ビジネスウォッチ. テレビ埼玉. 2012-05-12.
  12. KDDI, KDDI研究所. 【きてるね。】触れるMV「マルチ・ビュー・オーケストラ」. ZIP!. 日本テレビ. 2012-04-12.
  13. KDDI, KDDI研究所. 【shinkaせんか?】ミュージックビデオの進化. めざましテレビ. フジテレビ. 2012-03-19.
  14. KDDI. 【CEATEC2011】KDDI 視点とともに音場も動く自由視点コンサートを公開. Inter BEE Online Magazine. 日本エレクトロニクスショー協会. 2011-10-26.
  15. KDDI研究所. 視聴位置を自由に変更可能な3Dオーディオ生成技術の開発. DigInfo TV. デジタイズドインフォメーション. 2011-08-16.
  16. KDDI研究所. 超未来型スポーツ中継!. シューイチPRESENTSテレビ60年「これまで」「これから」カウントダウン. 日本テレビ. 2011-07-24.
  17. KDDI研究所. 【テクノロジーの交差点】三次元音源方向推定技術. Time & Space. KDDI. 2007-12-01. 2007, 8(5), 16–17.
  18. 国際電気通信基礎技術研究所. 喧騒をカットする「携帯端末」技術. 週刊新潮. 新潮社. 2005-08-04. 2005, 50(30), 43.

出展

  1. KDDI, KDDI総合研究所, WONDER VISION TECHNO LABORATORY. マルチチャンネルサラウンド「音のVR」. CEATEC 2019. 千葉市, 2019-10-15/18.
  2. KDDI総合研究所. インタラクティブ視聴を実現する音場のズーム合成技術の研究開発. 映像情報メディア学会冬季大会 2018. 港区, 2018-12-20/21.
  3. KDDI × MUTEK.JP—da Vinci ers. Block Universe #001XRインスタレーション. MUTEK.JP 2018. 江東区, 2018-11-01/04.
  4. KDDI. 音のVR. Maker Faire Tokyo 2018. 江東区, 2018-08-04/05.
  5. KDDI総合研究所. 音場のズーム合成技術音のVR. 超臨場感コミュニケーション産学官フォーラムシンポジウム 2018. 江東区, 2018-06-01.
  6. KDDI, KDDI総合研究所. 音のVR. ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2018. 江東区, 2018-05-23/25.
  7. KDDI. 音のVR. 遊ぶ。暮らす。育てる。SATOYAMA & SATOUMIへ行こう 2018. 横浜市, 2018-03-31/04-01.
  8. KDDI. 音場のズーム合成技術. CEATEC JAPAN 2017. 千葉市, 2017-10-03/06.
  9. KDDI. スマホ道場. ふくしまICT未来フェア 2015. 福島市, 2015-11-20.
  10. KDDI R&D Laboratories. Free-Viewpoint Concert. 2012 International Consumer Electronics Show (CES). Las Vegas, Nevada, United States, 2012-01-10/13.
  11. KDDI. 自由視点コンサート. CEATEC JAPAN 2011. 千葉市, 2011-10-04/08. [Award]
  12. KDDI R&D Laboratories. Free-Viewpoint 3D Video. 2011 International Consumer Electronics Show (CES). Las Vegas, Nevada, United States, 2011-01-06/09.

講演・講義

  1. 堀内俊治. 電気通信が変えたものと変わらないもの. 首都大学東京システムデザイン学部電子情報システム特別講義I/情報通信特別講義 . 八王子市, 2019-09-18.
  2. 堀内俊治. 電気通信が変えたものと変わらないもの. 首都大学東京システムデザイン学部電子情報システム特別講義I/情報通信特別講義 . 八王子市, 2018-08-07.
  3. 堀内俊治. UI/UX研究と実用化. 首都大学東京第12回ICTイノベーションセミナー. 日野市, 2017-04-27.
  4. 堀内俊治. コミュニケーションのための音声音響処理技術と実用化. 九州工業大学大学院工学府電気電子工学専攻先端通信・ネットワーク特論. 北九州市, 2017-02-09.
  5. 堀内俊治. 音響信号処理技術の研究と実用化. 九州工業大学大学院工学府電気電子工学専攻先端通信・ネットワーク特論. 北九州市, 2014-12-16.
  6. 堀内俊治. メディアを聴く—オーディオの基礎と最新動向. 映像情報メディア学会2010年メディア工学シンポジウム. 港区, 2010-07-22.

国内学術会議

  1. 山田美知花, 佐瀬文一, 堀内俊治, 大久保寛. エルフはどう聞こえているのか?―付け耳の形状とその効果―. 若手・学生のためのAESジャパンフォーラム2019. 千代田区, 2019-11-23.
  2. 堀内俊治, 新井田統. 22.2ch音響インタラクティブ再生アプリの試作. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 草津市, 2019-09-4/6. 2019, 2019年秋季, 3-P-45, 727–728. (CD-ROM).
  3. 山田美知花, 佐瀬文一, 堀内俊治, 大久保寛. 単耳聴方向決定帯域の刺激音帯域幅に関する検討. 電子情報通信学会技術研究報告. 長崎市, 2019-03-14/15. 2019, 118(495), EA2018-146, 279–284.
  4. 苣木禎史, 堀内俊治. プライバシーを考慮したサウンドスケープ自動生成システムの設計. 電子情報通信学会技術研究報告. 長崎市, 2019-03-14/15. 2019, 118(495), EA2018-109, 61–64.
  5. 堀内俊治, 新井田統. 複数音場の選択的合成および重畳に基づくインタラクションソフトウェアの試作. 電子情報通信学会技術研究報告. 長崎市, 2019-03-14/15. 2019, 118(495), EA2018-107, 49–53.
  6. 大久保寛, 馬込智瑛, 佐瀬文一, 堀内俊治. 音の高解像度化と応用:可聴音域外の音による識別・センシング. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 大分市, 2018-09-12/14. 2018, 2018年秋季, 3-1-4, 1395–1396. (CD-ROM).
  7. 佐瀬文一, 山田美知花, 堀内俊治, 大久保寛. 水平面における単耳聴方向決定帯域の特徴について. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 大分市, 2018-09-12/14. 2018, 2018年秋季, 1-Q-14, 413–414. (CD-ROM).
  8. 山田誠, 堀内俊治, 新井田統. 父子間コミュニケーションツールのワークショップ連携トライアル. 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会. 大阪市, 2018-08-26/27.
  9. 堀内俊治, 新井田統. 複数チャネル間のスペクトル変形に基づく音場の選択的合成. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 南埼玉郡宮代町, 2018-03-13/15. 2018, 2018年春季, 1-P-4, 521–522. (CD-ROM).
  10. 堀内俊治, 新井田統. 複数チャネル間のスペクトル変形に基づくステレオ音場の選択的合成. 電子情報通信学会技術研究報告. 広島市, 2018-02-15/16. 2018, 117(430), EA2017-98, 27–31.
  11. 山田誠, 堀内俊治, 新井田統. パパと子どものコミュニケーションツールの家庭内トライアル. HCGシンポジウム2017論文集. 金沢市, 2017-12-13/15. 2017, I-2-3. (CD-ROM).
  12. 堀内俊治, 新井田統. 複数チャネル間のスペクトル変形に基づく音場拡大. 映像情報メディア学会大会講演予稿集. 葛飾区, 2017-08-30/09-01. 2017, 2017年年次, 11B-4. (CD-ROM).
  13. 北原鉄朗, 齋藤大輔, 森勢将雅, 深山覚, 糸山克寿, 滝口哲也, 饗庭絵里子, 堀内俊治, 寺島裕貴, 亀岡弘和, 大石康智, 程島奈緒, 向井智彦, 小幡哲史. 「音学シンポジウム2016」開催にあたって. 情報処理学会研究報告. 港区, 2016-05-21/22. 2016, 2016-MUS-111(1), 1–2.
  14. 萩谷俊幸, 堀内俊治, 矢崎智基, 加藤恒夫. つまずき検出に基づくスマートフォン文字入力練習支援システム. 第14回情報科学技術フォーラム講演論文集. 松山市, 2015-09-15/17. 2015, 14(3), J-033, 381–382. [Award]
  15. Salomon, Mauro; 堀内俊治; 加藤恒夫. 耳介振動型レシーバの音波伝搬の可視化. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 文京区, 2015-03-16/18. 2015, 2015年春季, 2-P-30, 855–856. (CD-ROM).
  16. 水町光徳, 高倉知仁, 本村怜士, 堀内俊治. 連続聴効果を積極的に利用した断続音声修復. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 千代田区, 2014-03-10/12. 2014, 2014年春季, 1-R5-7, 393–394. (CD-ROM).
  17. 林田亘平, 中山雅人, 西浦敬信, 山下洋一, 堀内俊治, 加藤恒夫. 線形予測残差の尖度に基づく近端/遠端話者判別の検討. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 千代田区, 2014-03-10/12. 2014, 2014年春季, 1-4-12, 23–24. (CD-ROM).
  18. 林田亘平, 中山雅人, 西浦敬信, 山下洋一, 堀内俊治, 加藤恒夫. 線形予測残差の尖度に基づく近端/遠端話者判別の提案. 電子情報通信学会技術研究報告. 徳島市, 2014-02-28. 2014, 113(452), SP2013-107, 1–6.
  19. 深山覚; 石倉和将; 和泉諒; 岩井憲一; 植村あい子; 奥村健太; 加庭輝明; 河原英紀; 小池宏幸; 須之内元洋; 竹川佳成; 土屋政人; 中村友彦; 中村亮介; 濱崎雅弘; Evans, Benjamin; 堀内俊治; 松原正樹; 三浦寛也; 莱孝之. デモンストレーション: 音楽情報処理の研究紹介XII. 情報処理学会研究報告. 文京区, 2013-08-31/09-02. 2013, 2013-MUS-100(13), 1–11.
  20. 堀内俊治, 三功浩嗣, 加藤恒夫, 内藤整. 自由視聴点技術に基づくスマートフォン向けミュージックビデオアプリケーション. 映像情報メディア学会大会講演予稿集. 広島市, 2012-08-29/31. 2012, 2012年年次, 24-1. (CD-ROM).
  21. 高山伸也, 堀内俊治, 加藤恒夫. パッシブ型超音波ポインティングシステムにおける追従性能の評価. 電子情報通信学会総合大会講演論文集. 仙台市, 2010-03-16/19. 2010, 2010年, B-20-60, 644.
  22. 高山伸也, 堀内俊治, 加藤恒夫. 3次元位置推定に基づくパッシブ型超音波ポインティングシステムの構築. 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集. 新潟市, 2009-09-15/18. 2009, 2009年(基礎・境界), A-10-1, 152.
  23. 堀内俊治, 袁浩, 河井恒. 少数マイクロホンを用いた音声入力手法の検討. 電子情報通信学会技術研究報告. 世田谷区, 2007-12-07. 2007, 107(370), EA2007-90, 25–30.
  24. 袁浩, 河井恒, 堀内俊治. ICA を用いたサブアレーDOA によるPermutation演算量の削減. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 江東区, 2007-03-13/15. 2007, 2007年春季, 2-1-3, 551–552. (CD-ROM).
  25. 實廣貴敏; 松田繁樹; 藤本雅清; Herbordt, Wolfgang; 堀内俊治; 中村哲. ATRにおける日本語音声認識の評価-日本語音響モデル-. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 千代田区, 2006-03-14/16. 2006, 2006年春季, 1-P-21, 185–186. (CD-ROM).
  26. Herbordt, Wolfgang; Horiuchi, Toshiharu; Fujimoto, Masakiyo; Jitsuhiro, Takatoshi; Nakamura, Satoshi. Noise-robust Hands-free Speech Recognition on PDAs Using Microphone Array Technology. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 仙台市, 2005-09-27/29. 2005, 2005年秋季, 3-7-20, 141–142. (CD-ROM).
  27. 堀内俊治; Herbordt, Wolfgang; 中村哲. 小型情報端末用マルチチャネル音声入力ユニットの試作. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 仙台市, 2005-09-27/29. 2005, 2005年秋季, 2-2-21, 627–628. (CD-ROM).
  28. 遠藤俊樹, 堀内俊治, 黒岩眞吾, 清水徹. ATR実環境雑音DBを用いた耐雑音音声認識手法の評価. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 仙台市, 2005-09-27/29. 2005, 2005年秋季, 1-P-33, 217–218. (CD-ROM).
  29. 遠藤俊樹, 堀内俊治, 清水徹, 中村哲. ATR実環境雑音DB-ATRANS-を用いた雑音重畳音声認識実験. 情報処理学会研究報告. 函館市, 2005-07-15/16. 2005, 2005(69), 2005-SLP-57(8), 43–48.
  30. 堀内俊治, 水町光徳, 中村哲. Natural gradientを用いた逐次音源方向推定アルゴリズム. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 厚木市, 2004-03-17/19. 2004, 2004年春季(I), 3-P-15, 625–626.
  31. 鎌本優, 堀内俊治, 水町光徳, 中村哲, 西本卓也, 嵯峨山茂樹. 最短ゴロム定規間隔配置Delay-and-sum型マイクロホンアレーを用いた雑音環境下の音声認識. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 厚木市, 2004-03-17/19. 2004, 2004年春季(I), 3-10-6, 593–594.
  32. 堀内俊治, 水町光徳, 中村哲. 複数マイクロホン受音信号の逐次時間差推定アルゴリズム. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 新宿区, 2003-03-18/20. 2003, 2003年春季(I), 2-8-20, 691–692.
  33. 堀内俊治, 水町光徳, 中村哲. マイクロホンアレー座標系の逐次補正アルゴリズムの提案. 電子情報通信学会技術研究報告. 長岡市, 2002-10-25. 2002, 102(398), EA2002-69, 19–24.
  34. 福田拓也, 堀内俊治, 穗刈治英, 島田正治, 杉山精. HRTFのILDの変化が音像距離に与える影響. 電子情報通信学会技術研究報告. 長岡市, 2002-10-24. 2002, 102(397), EA2002-59, 7–12.
  35. 堀内俊治, 水町光徳, 中村哲. マイクロホンアレー座標系の逐次的補正手法の提案. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 秋田市, 2002-09-26/28. 2002, 2002年秋季(I), 2-5-1, 519–520.
  36. 福田拓也, 堀内俊治, 穗刈治英, 島田正治. HRTFのパワー比が距離感に与える影響. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 横浜市, 2002-03-18/20. 2002, 2002年春季(I), 1-Q-17, 669–670.
  37. 堀内俊治, 穗刈治英, 島田正治. 適応フィルタを用いた頭外音像定位に関する検討. 電子情報通信学会技術研究報告. 長岡市, 2000-10-27. 2000, 100(397), EA2000-51, 1–8.
  38. 堀内俊治, 穗刈治英, 島田正治. 適応逆フィルタを用いた頭外音像定位の実現に関する検討. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 岩手郡滝沢村, 2000-09-20/22. 2000, 2000年秋季(I), 1-7-22, 401–402.
  39. 堀内俊治, 穗刈治英, 島田正治. 適応逆フィルタを用いた頭外音像定位の実現に関する検討. 電子情報通信学会信越支部大会講演論文集. 長野市, 2000-10-07. 2000, 平成12年度, B4, 81–82.
  40. 堀内俊治, 穗刈治英, 島田正治. 頭外音像定位のための適応逆フィルタに与える最適な初期値の検討. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 船橋市, 2000-03-15/17. 2000年春季(I), 3-P-8, 535–536.
  41. 堀内俊治, 穗刈治英, 島田正治. 頭外音像定位に適用する適応逆フィルタの構成法に関する検討. 電子情報通信学会技術研究報告. 港区, 1999-12-17. 1999, 99(518), EA99-83, 1–8.
  42. 堀内俊治, 穗刈治英, 島田正治. 適応フィルタの初期値と収束速度に関する検討. 電子情報通信学会信越支部大会講演論文集. 柏崎市, 1999-10-02. 1999, 平成11年度, C2, 105–106.

特許・商標

  1. KDDI. 堀内俊治. 音響信号のミキシング装置及びプログラム. 特開2019-068210.
  2. KDDI. 山田誠, 堀内俊治. 端末、表示制御方法及び表示制御プログラム. 特開2018-128745.
  3. KDDI. 山田誠, 堀内俊治. 中継装置、情報共有システム、中継方法、及び中継プログラム. 特開2018-128743.
  4. KDDI. 音のVR. 商願2018-033327. 登録商標第6130875号.
  5. KDDI. 堀内俊治. 音声信号処理装置、方法及びプログラム. 特開2017-134153. 特許第6541588号.
  6. KDDI. 上向俊晃, 堀内俊治, 加藤恒夫. 通信端末装置、システム、方法およびプログラム. 特開2016-154320. 特許第6517038号.
  7. KDDI. 堀内俊治. 自動ミキシング装置およびプログラム. 特開2016-126136. 特許第6524463号.
  8. KDDI. 上向俊晃, 堀内俊治. 仮想音源を提供情報位置に配置する携帯端末、音声提示プログラム及び音声提示方法. 特開2016-021169. 特許第6263098号.
  9. KDDI. 萩谷俊幸, 堀内俊治. 入力支援装置、入力支援システムおよびプログラム. 特開2016-014987. 特許第6342236号.
  10. KDDI. 堀内俊治. ボイスキャンセリング装置. 特開2015-187694. 特許第6389080号.
  11. KDDI. 堀内俊治, 萩谷俊幸. 文字入力支援装置、プログラムおよび文字入力支援システム. 特開2015-153193. 特許第6238779号.
  12. KDDI. 萩谷俊幸, 堀内俊治. 入力支援装置、入力支援システムおよびプログラム. 特開2015-153174. 特許第6226472号.
  13. KDDI. 河井恒, 堀内俊治. オーディオ信号処理装置、録音再生装置およびプログラム. 特開2015-073149. 特許第6226465号.
  14. KDDI. 山田誠, 堀内俊治. マルチメディア装置およびプログラム. 特開2015-070324. 特許第6186627号.
  15. KDDI. 内藤正樹, 堀内俊治. 倍音成分の雑音を含む音声信号からコードに対応する特定周波数を検出する装置、プログラム及び方法. 特開2015-050672.
  16. KDDI. 若松大作, 堀内俊治. 音声伝達装置、音声伝達方法. 特開2015-032844. 特許第6147603号.
  17. KDDI. 堀内俊治, 加藤恒夫. 情報処理装置、プログラムおよび情報処理システム. 特開2015-032110. 特許第6179034号.
  18. KDDI. 堀内俊治, 加藤恒夫. 受話品質測定方法、受話品質測定装置およびプログラム. 特開2014-192878. 特許第6033152号.
  19. KDDI. 堀内俊治. 動作検出装置およびプログラム. 特開2014-157413. 特許第6034715号.
  20. KDDI. 高山伸也, 堀内俊治. ポインティングシステム. 特開2013-016047. 特許第5683397号.
  21. KDDI. 高山伸也, 堀内俊治. ポインティングシステム. 特開2013-016046.
  22. KDDI. 堀内俊治. マルチメディア装置. 特開2012-253439.
  23. KDDI. 高山伸也, 堀内俊治. ポインティングシステム. 特開2012-248028. 特許第5665656号.
  24. KDDI. 高山伸也, 堀内俊治. ポインティングシステム. 特開2012-243221. 特許第5647070号.
  25. KDDI. 堀内俊治. スピーカアレイシステム. 特開2012-209721. 特許第5595319号.
  26. KDDI. 呉剣明, 高山伸也, 堀内俊治. 無線通信方法およびシステムならびにその無線通信装置. 特開2011-199381. 特許第5414059号.
  27. KDDI. 堀内俊治. ヘッドトラッキング装置および制御プログラム. 特開2011-188444.
  28. KDDI. 堀内俊治. スピーカアレイ. 特開2011-182067.
  29. KDDI. 高山伸也, 堀内俊治, 加藤恒夫. ポインティングシステム. 特開2011-170545. 特許第5462656号.
  30. KDDI. 高山伸也, 堀内俊治, 加藤恒夫. ポインティングシステム. 特開2011-008722. 特許第5322806号.
  31. KDDI. 堀内俊治. 雑音抑圧方法、装置およびプログラム. 特開2010-239424. 特許第5107956号.
  32. KDDI. 遠藤俊樹, 嶋崎佳史, 堀内俊治. 測位方法およびシステム. 特開2010-175374.
  33. KDDI. 堀内俊治. 音源分離方法、装置およびプログラム. 特開2010-171585. 特許第5113096号.
  34. KDDI. 堀内俊治, 袁浩. 雑音抑圧方法、装置、プログラムおよびその記録媒体. 特開2009-130908.
  35. 国際電気通信基礎技術研究所. ウォルフガング・ヘルボート, 藤本雅清, 堀内俊治, 中村哲. 音声強調装置. 特開2007-093630.
  36. 国際電気通信基礎技術研究所. 堀内俊治, ウォルフガング・ヘルボート, 中村哲. 音響信号処理装置. 特開2007-027939.
  37. 国際電気通信基礎技術研究所. 遠藤俊樹, 堀内俊治, 清水徹. データ作成装置及びコンピュータプログラム. 特開2007-017462.
  38. 国際電気通信基礎技術研究所. 堀内俊治, 水町光徳, 中村哲. マイクロホンアレーにおけるマイクロホン受音信号の同相化方法および同相化装置. 特開2005-260744.
  39. 国際電気通信基礎技術研究所. 嵯峨山茂樹, 鎌本優, 西本卓也, 堀内俊治, 水町光徳, 中村哲. マイクロホンアレー. 特開2005-260743. 特許第4156545号.
  40. 国際電気通信基礎技術研究所. 堀内俊治, 中村哲, 四倉達夫. モーションキャプチャシステム及びモーションキャプチャ方法. 特開2005-181088.
  41. 国際電気通信基礎技術研究所. 堀内俊治, 水町光徳, 中村哲. マイクロホンアレー座標系の逐次的補正方法、マイクロホンアレーにおけるマイクロホン受信信号の補正方法および補正装置. 特開2004-112701. 特許第3929863号.
  42. 沖電気工業, 日本キャステム, 島田正治, 穂刈治英, 堀内俊治. 青柳康夫, 三輪勝人, 島田正治, 穂刈治英, 堀内俊治. 適応信号処理システム. 特開2002-095097.
  43. 沖電気工業, 島田正治, 穂刈治英, 堀内俊治. 川田眞一, 島田正治, 穂刈治英, 堀内俊治. 頭外音像定位装置. 特開2001-285998.