外部発表

学術雑誌 (10)

特定空間フォーカス型360度動画再生アプリ「音のVR」の開発と実用化

映像情報メディア学会誌. 

2023, 77(3), 388393, doi:10.3169/itej.77.388. (招待論文). 

Perceptual Optimization of Stereo Width Shrinkage Method in Headphone Reproduction. 

Acoustical Science and Technology. 

2022, 43(2), 170172, doi:10.1250/ast.43.170

インタラクティブ視聴を実現する音場のズーム合成技術の研究開発

映像情報メディア学会誌. 

2019, 73(1), 167–172, doi:10.3169/itej.73.167. (招待論文). 

Typing Tutor: Individualized Tutoring in Text Entry for Older Adults Based on Statistical Input Stumble Detection

Journal of Information Processing. 

2018, 26, 362–374, doi:10.2197/ipsjjip.26.362. (Specially Selected Paper). 

Assistive Typing Application for Older Adults Based on Input Stumble Detection

Journal of Information Processing. 

2017, 25, 417–425, doi:10.2197/ipsjjip.25.417

音声の線形予測残差の尖度に基づく近接/遠隔話者の判別

電子情報通信学会論文誌 A 基礎・境界. 

2015, J98-A(2), 190–199. https://search.ieice.org/bin/summary.php?id=j98-a_2_190

Passive Pointing System for Distant Screens Using Acoustic Position Estimator and Gravity Sensor

Journal of Information Processing. 

2013, 21(2), 362–366, doi:10.2197/ipsjjip.21.362

Iterative Estimation and Compensation of Signal Direction for Moving Sound Source by Mobile Microphone Array

IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences. 

2004, E87-A(11), 2950–2956. https://search.ieice.org/bin/summary.php?id=e87-a_11_2950

Relative Distance Perception by Manipulating ILD of HRTFs

Acoustical Science and Technology. 

2003, 24(5), 325–326, doi:10.1250/ast.24.325

Adaptive Estimation of Transfer Functions for Sound Localization Using Stereo Earphone-Microphone Combination

IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences. 

2002, E85-A(8), 1841–1850. https://search.ieice.org/bin/summary.php?id=e85-a_8_1841

国際会議 (37)

Three-dimensional Sound Wave Propagation Reproduction by CE-FDTD Simulation Applying Actual Radiation Characteristics

Proc. 49th IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP 2024). Seoul, Korea, 2024-04-14/19

Directional Sound Source Representation Using Paired Microphone Array with Different Characteristics Suitable for Volumetric Video Capture

Proc. 5th ACM International Conference on Multimedia Asia (MMAsia 2023). Tainan, Taiwan, 2023-12-06/08

Perceptual Impression of Room Impulse Responses Simulated by CE-FDTD Method

Proc. 155th AES International Convention (New York 2023). New York City, New York, United States, 2023-10-25/27

Express Paper 129. http://www.aes.org/e-lib/browse.cfm?elib=22283

Augmented Immersive Viewing and Listening Experience Based on Arbitrarily Angled Interactive Audiovisual Representation

Proc. 25th ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI 2023). Paris, France, 2023-10-09/13. 

2023, 79–83, doi:10.1145/3577190.3614138

Relationship Between Perceptual Width of Stereo Stage and Inter-channel Cross-correlation

Proc. 154th AES International Convention (Europe 2023). Helsinki, Finland, 2023-05-13/15. 

Express Paper 68. http://www.aes.org/e-lib/browse.cfm?elib=22093

Sync Sofa: Sofa-type Multimodal Communication System that Provides a Feeling of Being Next to Each Other

Proc. 29th International Display Workshop (IDW 2022). Fukuoka, Japan, 2022-12-14/16

2022, 976–978, doi:10.36463/idw.2022.0976. (Invited Paper). 

Sync Sofa: Sofa-type Side-by-side Communication Experience Based on Multimodal Expression

Proc. 30th ACM International Conference on Multimedia (MM 2022). Lisbon, Portugal, 2022-10-10/14. 

2022,  6961–6963, doi:10.1145/3503161.3547735

Perceptual Optimization of Hybrid Stereo Width Control Method Compared with Loudspeakers Reproduction

Proc. 152nd AES International Convention (Europe Spring 2022). The Hague, Netherlands, 2022-05-07/08. Online, 2022-05-16/19. 

Paper 10571. http://www.aes.org/e-lib/browse.cfm?elib=21684

Sync Glass: Virtual Pouring and Toasting Experience with Multimodal Presentation

Proc. 29th ACM International Conference on Multimedia (MM 2021). Chengdu, China, 2021-10-20/24. 

2021, 2768–2770, doi:10.1145/3474085.3478553

Facial Action Unit-based Deep Learning Framework for Spotting Macro- and Micro-expressions in Long Video Sequences

Proc. 29th ACM International Conference on Multimedia (MM 2021). Chengdu, China, 2021-10-20/24. 

2021, 4794–4798, doi:10.1145/3474085.3479209

Impression Evaluation of Mixed Acoustic Signals with  Different Spatial Acoustic Characteristics

Proc. 151st AES International Convention (Fall Online 2021). Online/Virtual, 2021-10-20/23. 

e-Brief 653. http://www.aes.org/e-lib/browse.cfm?elib=21516

Perceptual Optimization of Stereo Width Control Methods in Headphones Reproduction

Proc. 150th AES International Convention (Show Spring 2021). Online/Virtual, 2021-05-25/28. 

Paper 10480. http://www.aes.org/e-lib/browse.cfm?elib=21073

Perceptual Evaluation of Binaural Rendering and Stereo Width Control in Headphone Reproduction

Proc. 4th International Conference on Technology and Social Science (ICTSS 2020). Kiryu, Japan, 2020-12-02/04. 

Perceptual Evaluation of Binaural Rendering and Stereo Width Control in Headphone Reproduction

Proc. 148th AES International Convention (Vienna 2020). Online/Virtual (Vienna, Austria), 2020-06-02/05. 

e-Brief 587. http://www.aes.org/e-lib/browse.cfm?elib=20825

Relationship Between Accuracy and Direction of Sound Image Localization Using Narrowband Signal

Proc. 148th AES International Convention (Vienna 2020). Online/Virtual (Vienna, Austria), 2020-06-02/05. 

OtonoVR: Arbitrarily Angled Audio-visual VR Experience Using Selective Synthesis Sound Field Technique

Proc. 27th ACM International Conference on Multimedia (MM 2019). Nice, France, 2019-10-21/25. 

2019, 2211–2213, doi:10.1145/3343031.3350602

Feature Analysis of Sound Direction Perception Using Frequency Band-Limited Stimuli: Extension of a Directional Band Model

Proc. 23rd International Congress on Acoustics (ICA 2019). Aachen, Germany, 2019-09-09/13. 

2019, 6692–6699. 

Perceptual Restoration of Intermittent Speech Using Human Speech-like Noise

Proc. 23rd International Congress on Sound and Vibration (ICSV 23). Athens, Greece, 2016-07-10/14. 

2016, 1424–1429. 

Typing Tutor: Individualized Tutoring in Text Entry for Older Adults Based on Input Stumble Detection

Proc. 34th Annual ACM Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI 2016). San Jose, California, United States, 2016-05-7/12. 

2016, 733–744, doi:10.1145/2858036.2858455

Typing Tutor: Automatic Error Detection and Instruction in Text Entry for Elderly People

Proc. 17th International Conference on Human-Computer Interaction with Mobile Devices and Services (MobileHCI 2015). Copenhagen, Denmark, 2015-08-24/27. 

2015, 696–703, doi:10.1145/2786567.2793690

Perceptual Restoration of Intermittent Speech Under Noisy Environments

Proc. 22nd International Congress on Sound and Vibration (ICSV 22). Florence, Italy, 2015-07-12/16. 

2015, 4446–4452. 

Perceptual Restoration of Intermittent Speech Relying on Illusory Continuity

Proc. 7th European Congress on Acoustics (Forum Acusticum 2014). Krakow, Poland, 2014-09-07/12. (CD-ROM). 

Close/Distant Talker Discrimination Based on Kurtosis of Linear Prediction Residual Signals

Proc. 2014 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP 2014). Florence, Italy, 2014-05-04/09. 

2014, 2346–2350, doi:10.1109/ICASSP.2014.6854015

Restoration of Intermittent Speech Based on Human Auditory Capability and Temporal Characteristics of Speech

Proc. 20th International Congress on Sound and Vibration (ICSV 20). Bangkok, Thailand, 2013-07-07/11. 

2013, 1896–1902. 

Measurement of Acoustic Transmission Properties of a Handset with a Piezoelectric Vibrator Using a Head and Torso Simulator

Proc. 21st International Congress on Acoustics (ICA 2013), 165th Meeting of the Acoustical Society of America, 52nd Meeting of the Canadian Acoustical Association. Montreal, Canada, 2013-06-02/07. 

2013, 19, 030053, doi:10.1121/1.4800551

Interactive Music Video Application for Smartphones Based on Free-viewpoint Video and Audio Rendering

Proc. 20th ACM International Conference on Multimedia (MM 2012). Nara, Japan, 2012-10-29/11-02. 

2012, 1293–1294, doi:10.1145/2393347.2396449

Restoration of Intermittent Speech with Composite Gap-filling Schemes Relying on Human Auditory Capability

Proc. 19th International Congress on Sound and Vibration (ICSV 19). Vilnius, Lithuania, 2012-07-08/12. 

2012, 1005–1012. 

Acoustic-based Passive Pointing System for Distant Screens

Proc. 2012 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP 2012). Kyoto, Japan, 2012-03-25/30. 

2012, 1689–1692, doi:10.1109/ICASSP.2012.6288222

Restoration of Intermittent Speech Signal Relying on Auditory Perceptual Capability

Proc. 162nd Meeting of the Acoustical Society of America. San Diego, California, United States, 2011-10-31/11-04. 

2011, 130, 2525, doi:10.1121/1.3655078

A Pointing System Based on Acoustic Position Estimation and Gravity Sensing

Proc. 2011 IEEE Symposium on 3D User Interfaces (3DUI 2011). Singapore, 2011-03-19/20. 

2011, 105–106, doi:10.1109/3DUI.2011.5759227

Passive Ultrasonic Pointing System Based on Three-dimentional Position Estimation

Proc. 20th International Congress on Acoustics (ICA 2010), 2010 Annual Conference of the Australian Acoustical Society. Sydney, Australia, 2010-08-23/27. 

2010, 3056–3059. 

A Sample-wise Acoustic Positioning Method Using Natural Gradient Adaptation

Proc. 20th International Congress on Acoustics (ICA 2010), 2010 Annual Conference of the Australian Acoustical Society. Sydney, Australia, 2010-08-23/27. 

2010, 2932–2935. 

Reduction of Correlation Computation in the Permutation of the Frequency Domain ICA by Selecting DOAs Estimated in Subarrays

Proc. 2007 European Signal Processing Conference (EUSIPCO 2007). Poznan, Poland, 2007-09-03/07. 

2007, 418–422. https://ieeexplore.ieee.org/document/7098837

Hands-free Speech Recognition and Communication on PDAs Using Microphone Array Technology

Proc. 2005 IEEE Automatic Speech Recognition and Understanding Workshop (ASRU 2005). San Juan, Puerto Rico, 2005-11-28/12-01. 

2005, 302–307, doi:10.1109/ASRU.2005.1566509

Iterative Compensation of Microphone Array and Sound Source Movements Based on Minimization of Arrival Time Differences

Proc. 2004 IEEE Sensor Array and Multichannel Signal Processing Workshop (SAM 2004). Sitges, Barcelona, Spain, 2004-07-18/21. 

2004, 566–570, doi:10.1109/SAM.2004.1503012

An Iterative Compensation Algorithm of Coordinate Systems for a Mobile Microphone Array

Proc. 5th International Workshop on Microphone Array Systems—Theory and Practice. Pommersfelden, Germany, 2003-05-14/16. (CD-ROM). 

Out-of-head Sound Localization Using Adaptive Inverse Filter

Proc. 2001 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP 2001). Salt Lake City, Utah, United States, 2001-05-07/11. 

2001, 3333–3336, doi:10.1109/ICASSP.2001.940372

国内会議 (73)

個人の頭部伝達関数と音源の放射特性を用いたバイノーラル合成における仮想音源の回転方向の弁別

日本音響学会研究発表会講演論文集. 文京区, 2024-03-6/8. 

2024, 151(2024年春季), 3-Q-11. (CD-ROM). 

音源の放射特性を考慮したCE-FDTD法による実空間の室内インパルス応答推定

日本音響学会研究発表会講演論文集. 文京区, 2024-03-6/8. 

2024, 151(2024年春季), 3-7-9. (CD-ROM). 

ステレオ音源のチャネル間相互相関の周波数依存性

日本音響学会研究発表会講演論文集. 文京区, 2024-03-6/8. 

2024, 151(2024季), 2-6-9. (CD-ROM). 

ボリュメトリック撮影に好適な異なる特性を持つマイクロフォンペアアレーを用いた指向性音源の合成

映像情報メディア学会大会講演予稿集. 千代田区, 2023-12-26/27

2023, 2023年冬季, 21C-5. (CD-ROM). 

CE-FDTD 法により再現した放射特性の3次元位置での精度評価

日本音響学会研究発表会講演論文集. 名古屋市, 2023-09-26/28. 

2023, 150(2023年秋季), 1-8-22. (CD-ROM). 

ヘッドホン受聴によるステレオステージ幅とチャネル間相互相関の関係

日本音響学会研究発表会講演論文集. 名古屋市, 2023-09-26/28

2023, 150(2023年季), 1-3-1. (CD-ROM). 

干渉雑音除去後に所望音声を選択するオンライン通話手法の提案

日本音響学会研究発表会講演論文集. オンライン, 2023-03-15/17. 

2023, 149(2023季), 3-3-5. (CD-ROM). 

3次元位置での音圧を反映したCE-FDTD法による放射特性の再現

日本音響学会研究発表会講演論文集. オンライン, 2023-03-15/17

2023, 149(2023季), 1-5-13. (CD-ROM). 

音源の向きを変更したバイノーラル合成と音像知覚の検討

日本音響学会研究発表会講演論文集. オンライン, 2023-03-15/17. 

2023, 149(2023季), 1-1P-8. (CD-ROM). 

特定空間フォーカス型360度動画再生アプリ「音のVR」の開発と実用化

映像情報メディア学会大会講演予稿集. 新宿区, 2022-12-22/23. 

2022, 2022年冬季. (CD-ROM). 

マルチモーダル連携型音場伝送手法の提案

映像情報メディア学会大会講演予稿集. 新宿区, 2022-12-22/23

2022, 2022冬季, 13C-10. (CD-ROM). 

自由音場におけるCE-FDTD法による空間音響特性の合成と評価

日本音響学会研究発表会講演論文集. 札幌市, 2022-09-14/16

2022, 148(2022年季), 2-2-9. (CD-ROM). 

ヘッドホン再生のための振幅と位相の制御によるクロストーク成分生成方式の知覚的最適化

日本音響学会研究発表会講演論文集. 札幌市, 2022-09-14/16

2022, 2022年秋季, 1-R-40. (CD-ROM). 

Sync Sofa: 映像/音響/触覚を用いて隣り合う感覚を提示するテレプレゼンスシステム

日本バーチャルリアリティ学会ハプティクス研究委員会. オンライン, 2022-03-09/10

2022, 第28回研究会, PI-22-016, 5963

放射特性を考慮したFDTD法による空間音響特性の合成と評価

日本音響学会研究発表会講演論文集. オンライン, 2022-03-09/11

2022, 2022季, 2-5-6. (CD-ROM). 

チャネル間振幅差と位相差のハイブリッド操作に基づくステレオ音像幅縮退方式の提案

電子情報通信学会技術研究報告. 熊本市, 2021-12-22/23

2021, 121(311), EA2021-60, 18–23. 

ヘッドホン受聴に適したステレオ音源再生方式の特徴について

若手・学生のためのAESジャパンフォーラム2021. オンライン, 2021-11-23. 

「新音楽視聴体験 音のVR」アプリの開発と社会展開

電子情報通信学会技術研究報告. オンライン, 2021-11-15/16

2021, 121(246), EA2021-46, 108113. (招待講演). 

ヘッドホン受聴による振幅操作に基づくステレオ幅縮退方式の主観的最適化

日本音響学会研究発表会講演論文集. オンライン, 2021-09-07/09. 

2021, 2021年秋季, 3-1P-13, 379382. (CD-ROM). 

FDTD法により複数の空間音響特性を一様化した混合音響 信号の印象評価

日本音響学会研究発表会講演論文集. オンライン, 2021-09-07/09

2021, 2021季, 2-5P-10, 615616. (CD-ROM). 

異なる空間音響特性を持つ混合音響信号の印象評価

電子情報通信学会総合大会講演論文集. オンライン, 2021-03-09/12. 

2021, 2021年, A-5-4. (DVD-ROM). 

ヘッドホン受聴によるステレオ音像幅縮退アルゴリズムの主観的最適化

電子情報通信学会技術研究報告. オンライン, 2021-03-03/04. 

2021, 120(397), EA2020-68, 51–56. 

画像内の物体検出に基づくサウンドスケープ自動生成システムの課題

電子情報通信学会技術研究報告. オンライン, 2021-03-03/04. 

2021, 120(397), EA2020-66, 41–44. 

ヘッドホン再生によるステレオ音像制御方式の主観評価

日本音響学会九州支部「第14回学生のための研究発表会」. オンライン, 2020-11-21. 

バイノーラルレンダリングとステレオ音像幅制御の主観的特徴の比較

電子情報通信学会技術研究報告. オンライン, 2020-11-20. 

2020, 120(241), EA2020-34, 68–73. 

擬似触覚を用いたモバイル端末間触感伝送システムの提案

電子情報通信学会総合大会講演論文集. 東広島市, 2020-03-17/20. 

2020, 2020年, H-2-19. (DVD-ROM). 

複数音場の選択的合成アプリの試作

日本音響学会研究発表会講演論文集. さいたま市, 2020-03-16/18. 

2020, 2020年春季, 2-P-43, 439–440. (CD-ROM). 

画像の物体検出に基づくサウンドスケープ自動生成システムの設計

電子情報通信学会技術研究報告. 那覇市, 2020-03-02/03. 

2020, 119(439), EA2019-144, 251–254. 

指向性制御とステレオ幅制御を用いた音場の選択的合成

電子情報通信学会技術研究報告. 那覇市, 2020-03-02/03. 

2020, 119(439), EA2019-119, 107–110. 

狭帯域信号を用いた音像定位における精度と偏り方向の特徴

電子情報通信学会技術研究報告. 那覇市, 2020-03-02/03. 

2020, 119(439), EA2019-118, 101–106. 

ヘッドホン再生のためのステレオ音源加工方法の空間印象評価

電子情報通信学会技術研究報告. 那覇市, 2020-03-02/03. 

2020, 119(439), EA2019-117, 95–100. 

エルフはどう聞こえているのか?―付け耳の形状とその効果―

若手・学生のためのAESジャパンフォーラム2019. 千代田区, 2019-11-23. 

22.2ch音響インタラクティブ再生アプリの試作

日本音響学会研究発表会講演論文集. 草津市, 2019-09-4/6. 

2019, 2019年秋季, 3-P-45, 727–728. (CD-ROM). 

単耳聴方向決定帯域の刺激音帯域幅に関する検討

電子情報通信学会技術研究報告. 長崎市, 2019-03-14/15. 

2019, 118(495), EA2018-146, 279–284. 

プライバシーを考慮したサウンドスケープ自動生成システムの設計

電子情報通信学会技術研究報告. 長崎市, 2019-03-14/15. 

2019, 118(495), EA2018-109, 61–64. 

複数音場の選択的合成および重畳に基づくインタラクションソフトウェアの試作

電子情報通信学会技術研究報告. 長崎市, 2019-03-14/15. 

2019, 118(495), EA2018-107, 49–53. 

音の高解像度化と応用:可聴音域外の音による識別・センシング

日本音響学会研究発表会講演論文集. 大分市, 2018-09-12/14. 

2018, 2018年秋季, 3-1-4, 1395–1396. (CD-ROM). 

水平面における単耳聴方向決定帯域の特徴について

日本音響学会研究発表会講演論文集. 大分市, 2018-09-12/14. 

2018, 2018年秋季, 1-Q-14, 413–414. (CD-ROM). 

父子間コミュニケーションツールのワークショップ連携トライアル

電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会. 大阪市, 2018-08-26/27. 

複数チャネル間のスペクトル変形に基づく音場の選択的合成

日本音響学会研究発表会講演論文集. 南埼玉郡宮代町, 2018-03-13/15. 

2018, 2018年春季, 1-P-4, 521–522. (CD-ROM). 

複数チャネル間のスペクトル変形に基づくステレオ音場の選択的合成

電子情報通信学会技術研究報告. 広島市, 2018-02-15/16. 

2018, 117(430), EA2017-98, 27–31. 

パパと子どものコミュニケーションツールの家庭内トライアル

HCGシンポジウム2017論文集. 金沢市, 2017-12-13/15. 

2017, I-2-3. (CD-ROM). 

複数チャネル間のスペクトル変形に基づく音場拡大

映像情報メディア学会大会講演予稿集. 葛飾区, 2017-08-30/09-01. 

2017, 2017年年次, 11B-4. (CD-ROM). 

「音学シンポジウム2016」開催にあたって

情報処理学会研究報告. 港区, 2016-05-21/22. 

2016, 2016-MUS-111(1), 1–2. 

つまずき検出に基づくスマートフォン文字入力練習支援システム

第14回情報科学技術フォーラム講演論文集. 松山市, 2015-09-15/17. 

2015, 14(3), J-033, 381–382. 

耳介振動型レシーバの音波伝搬の可視化

日本音響学会研究発表会講演論文集. 文京区, 2015-03-16/18. 

2015, 2015年春季, 2-P-30, 855–856. (CD-ROM). 

連続聴効果を積極的に利用した断続音声修復

日本音響学会研究発表会講演論文集. 千代田区, 2014-03-10/12. 

2014, 2014年春季, 1-R5-7, 393–394. (CD-ROM). 

線形予測残差の尖度に基づく近端/遠端話者判別の検討

日本音響学会研究発表会講演論文集. 千代田区, 2014-03-10/12. 

2014, 2014年春季, 1-4-12, 23–24. (CD-ROM). 

線形予測残差の尖度に基づく近端/遠端話者判別の提案

電子情報通信学会技術研究報告. 徳島市, 2014-02-28. 

2014, 113(452), SP2013-107, 1–6. 

デモンストレーション: 音楽情報処理の研究紹介XII

情報処理学会研究報告. 文京区, 2013-08-31/09-02. 

2013, 2013-MUS-100(13), 1–11. 

自由視聴点技術に基づくスマートフォン向けミュージックビデオアプリケーション

映像情報メディア学会大会講演予稿集. 広島市, 2012-08-29/31. 

2012, 2012年年次, 24-1. (CD-ROM). 

パッシブ型超音波ポインティングシステムにおける追従性能の評価

電子情報通信学会総合大会講演論文集. 仙台市, 2010-03-16/19. 

2010, 2010年, B-20-60, 644. 

3次元位置推定に基づくパッシブ型超音波ポインティングシステムの構築

電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集. 新潟市, 2009-09-15/18. 

2009, 2009年(基礎・境界), A-10-1, 152. 

少数マイクロホンを用いた音声入力手法の検討

電子情報通信学会技術研究報告. 世田谷区, 2007-12-07. 

2007, 107(370), EA2007-90, 25–30. 

ICA を用いたサブアレーDOA によるPermutation演算量の削減

日本音響学会研究発表会講演論文集. 江東区, 2007-03-13/15. 

2007, 2007年春季, 2-1-3, 551–552. (CD-ROM). 

ATRにおける日本語音声認識の評価-日本語音響モデル-

日本音響学会研究発表会講演論文集. 千代田区, 2006-03-14/16. 

2006, 2006年春季, 1-P-21, 185–186. (CD-ROM). 

Noise-robust Hands-free Speech Recognition on PDAs Using Microphone Array Technology

日本音響学会研究発表会講演論文集. 仙台市, 2005-09-27/29. 

2005, 2005年秋季, 3-7-20, 141–142. (CD-ROM). 

小型情報端末用マルチチャネル音声入力ユニットの試作

日本音響学会研究発表会講演論文集. 仙台市, 2005-09-27/29. 

2005, 2005年秋季, 2-2-21, 627–628. (CD-ROM). 

ATR実環境雑音DBを用いた耐雑音音声認識手法の評価

日本音響学会研究発表会講演論文集. 仙台市, 2005-09-27/29. 

2005, 2005年秋季, 1-P-33, 217–218. (CD-ROM). 

ATR実環境雑音DB-ATRANS-を用いた雑音重畳音声認識実験

情報処理学会研究報告. 函館市, 2005-07-15/16. 

2005, 2005(69), 2005-SLP-57(8), 43–48. 

Natural gradientを用いた逐次音源方向推定アルゴリズム

日本音響学会研究発表会講演論文集. 厚木市, 2004-03-17/19. 

2004, 2004年春季(I), 3-P-15, 625–626. 

最短ゴロム定規間隔配置Delay-and-sum型マイクロホンアレーを用いた雑音環境下の音声認識

日本音響学会研究発表会講演論文集. 厚木市, 2004-03-17/19. 

2004, 2004年春季(I), 3-10-6, 593–594. 

複数マイクロホン受音信号の逐次時間差推定アルゴリズム

日本音響学会研究発表会講演論文集. 新宿区, 2003-03-18/20. 

2003, 2003年春季(I), 2-8-20, 691–692. 

マイクロホンアレー座標系の逐次補正アルゴリズムの提案

電子情報通信学会技術研究報告. 長岡市, 2002-10-25. 

2002, 102(398), EA2002-69, 19–24. 

HRTFのILDの変化が音像距離に与える影響

電子情報通信学会技術研究報告. 長岡市, 2002-10-24. 

2002, 102(397), EA2002-59, 7–12. 

マイクロホンアレー座標系の逐次的補正手法の提案

日本音響学会研究発表会講演論文集. 秋田市, 2002-09-26/28. 

2002, 2002年秋季(I), 2-5-1, 519–520. 

HRTFのパワー比が距離感に与える影響

日本音響学会研究発表会講演論文集. 横浜市, 2002-03-18/20. 

2002, 2002年春季(I), 1-Q-17, 669–670. 

適応フィルタを用いた頭外音像定位に関する検討

電子情報通信学会技術研究報告. 長岡市, 2000-10-27. 

2000, 100(397), EA2000-51, 1–8. 

適応逆フィルタを用いた頭外音像定位の実現に関する検討

日本音響学会研究発表会講演論文集. 岩手郡滝沢村, 2000-09-20/22. 

2000, 2000年秋季(I), 1-7-22, 401–402. 

適応逆フィルタを用いた頭外音像定位の実現に関する検討

電子情報通信学会信越支部大会講演論文集. 長野市, 2000-10-07. 

2000, 平成12年度, B4, 81–82. 

頭外音像定位のための適応逆フィルタに与える最適な初期値の検討

日本音響学会研究発表会講演論文集. 船橋市, 2000-03-15/17. 

2000年春季(I), 3-P-8, 535–536. 

頭外音像定位に適用する適応逆フィルタの構成法に関する検討

電子情報通信学会技術研究報告. 港区, 1999-12-17. 

1999, 99(518), EA99-83, 1–8. 

適応フィルタの初期値と収束速度に関する検討

電子情報通信学会信越支部大会講演論文集. 柏崎市, 1999-10-02. 

1999, 平成11年度, C2, 105–106. 

寄稿ほか (7)

イマーシブメディア実現に向けた音響技術

映像情報メディア学会誌. 

2023, 77(1), 17–21

視聴者ごとの見たい・聴きたいを実現する音メディア技術

電子情報通信学会誌. 

2021, 104(1), 22–26. 

新しい音楽鑑賞の提案―「音のVR」を活用したバーチャルコンサート―

ITUジャーナル. 

2020, 50(9), 15–18. 

「誰のためのデザイン? 増補・改訂版―認知科学者のデザイン原論」, D. A. ノーマン著(岡本 明, 安村通晃, 伊賀聡一郎, 野島久雄訳), 新曜社, 2015年 (私のすすめるこの一冊, コーヒーブレーク). 

日本音響学会誌. 

2020, 76(5), 312–313. 

音のバーチャルリアリティとHCD (ショートコラム). 

人間中心設計推進機構ニュースレター. 2019-12-27. 

2019, 163. 

顧客体験価値 (ちょっとしたエッセイ, コーヒーブレーク). 

日本音響学会誌. 

2017, 73(7), 455, doi:10.20697/jasj.73.7_455

便利な図書館 (学生投稿). 

峰窓―長岡技術科学大学附属図書館報. 

2002, 12, 15. 

博士論文 (1)

仮想音源のバイノーラル再生と方向制御のための適応信号処理法に関する研究

長岡技術科学大学, 2004, 99p., 博士論文. https://id.ndl.go.jp/bib/000007666730

報道発表・トピックス (30)

ニュースリリース. 2023-10-23

トピックス. 2023-10-06

ニュースリリース. 2023-01-24

トピックス. 2022-06-07

トピックス. 2022-03-30

トピックス. 2022-03-01. 

トピックス. 2021-12-15

ニュースリリース. 2021-11-25. 

トピックス. 2021-07-09

トピックス. 2021-06-22

トピックス. 2021-03-17. 

トピックス. 2021-03-02. 

トピックス. 2021-02-15. 

トピックス. 2020-12-07. 

トピックス. 2020-10-22. 

トピックス. 2020-08-18. 

トピックス. 2020-07-28. 

トピックス. 2020-06-08. 

トピックス. 2020-03-17. 

ニュースリリース. 2019-10-07. 

ニュースリリース. 2018-10-25. 

トピックス. 2018-05-31. 

ニュースリリース. 2018-03-14. 

ニュースリリース. 2017-10-02. 

ニュースリリース. 2014-03-26. 

ニュースリリース. 2012-03-12. 

ニュースリリース. 2011-10-03. 

ニュースリリース. 2011-08-12. 

ニュースリリース. 2007-09-28. 

プレスリリース. 2005-10-19. 

取材対応・テレビ露出 (66)

チコちゃんに叱られる!. NHK総合テレビ. 2023-07-28

Time & Space. KDDI. 2022-06-20

Time & Space. KDDI. 2022-04-27

Time & Space. KDDI. 2022-03-09

福島民報. 福島民報社. 2022-03-02. 

Time & Space. KDDI. 2022-03-01

福島民友新聞. 福島民友新聞社. 2021-12-29

エスマックス. エスマックス. 2021-12-28

tokyo chips. エキスプレス. 2021-12-21

オリコンニュース. オリコン. 2021-12-15

Time & Space. KDDI. 2021-12-15

The Signs. NHK World-Japan. 2021-10-16

日経MJ. 日本経済新聞社. 2021-08-18

読売新聞. 読売新聞東京本社. 2021-08-17

日本経済新聞電子版. 日本経済新聞社. 2021-08-15

日経産業新聞. 日本経済新聞社. 2021-08-10

Time & Space. KDDI. 2021-08-02. 

グッド!モーニング. テレビ朝日. 2021-07-12

Engadget 日本版. ベライゾンメディア・ジャパン. 2021-07-09. 

ITmedia Mobile. ITmedia. 2021-07-09. 

ケータイ Watch. インプレス. 2021-07-09. 

Time & Space. KDDI. 2021-06-22

Time & Space. KDDI. 2021-03-17. 

バイキングMORE. フジテレビ. 2021-03-09. 

Time & Space. KDDI. 2021-03-09. 

ZIP!. 日本テレビ. 2021-03-03. 

Time & Space. KDDI. 2021-02-15. 

Time & Space. KDDI. 2020-12-07. 

FNN Live News イット!. フジテレビ. 2020-12-06. 

Time & Space. KDDI. 2020-10-22. 

日刊工業新聞. 日刊工業新聞社. 2020-09-09. 

スクール革命!. 日本テレビ. 2020-09-06. 

Time & Space. KDDI. 2020-08-18. 

Time & Space. KDDI. 2020-08-14. 

ケータイ Watch. インプレス. 2020-08-04. 

PHILE WEB. 音元出版. 2020-07-27. 

日経クロステック/日経エレクトロニクス. 日経BP. 2020-07-20. 2020, 1218. 

news zero. 日本テレビ. 2020-06-11. 

めざましテレビ. フジテレビ. 2020-06-10. 

ASCII.jp. 角川アスキー総合研究所. 2020-06-09. 

ケータイ Watch. インプレス. 2020-06-08. 

Engadget 日本版. ベライゾンメディア・ジャパン. 2020-06-08. 

Time & Space. KDDI. 2020-06-08. 

Time & Space. KDDI. 2020-05-12. 

リアルサウンドテック. blueprint. 2020-05-01. 

Stereo Sound ONLINE. ステレオサウンド. 2020-04-02. 

STEP ONE. J-WAVE. 2020-03-25. 

Time & Space. KDDI. 2020-03-17. 

Time & Space. KDDI. 2019-11-01. 

Stereo Sound ONLINE. ステレオサウンド. 2019-10-15. 

知ったら戻れないセカイ. フジテレビ. 2018-11-17. 

Mogura VR. Mogura. 2018-05-31. 

Newsモーニングサテライト. テレビ東京. 2018-03-15. 

Time & Space. KDDI. 2017-10-26. 

ワールドビジネスサテライト. テレビ東京. 2017-10-18. 

究極の○×クイズSHOW!!超問!真実か?ウソか?. 日本テレビ. 2017-02-10. 

Time & Space. KDDI. 2016-04-12. 

Time & Space. KDDI. 2016-04-04. 

埼玉ビジネスウォッチ. テレビ埼玉. 2012-05-12. 

ZIP!. 日本テレビ. 2012-04-12. 

めざましテレビ. フジテレビ. 2012-03-19. 

Inter BEE Online Magazine. 日本エレクトロニクスショー協会. 2011-10-26. 

DigInfo TV. デジタイズドインフォメーション. 2011-08-16. 

シューイチPRESENTSテレビ60年「これまで」「これから」カウントダウン. 日本テレビ. 2011-07-24. 

Time & Space. KDDI. 2007-12-01. 2007, 8(5), 16–17. 

週刊新潮. 新潮社. 2005-08-04. 2005, 50(30), 43. 

展示・出展 (22)

日本音響学会第150回(2023年秋季)研究発表会賛助会員ポスター展示. 名古屋市, 2023-09-28

ワイヤレスジャパン 2023 × ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2023. 江東区, 2023-05-24/26

東京都スマートシティフェスタ. 新宿, 2022-11-25/27

30th ACM International Conference on Multimedia (MM 2022). Lisbon, Portugal, 2022-10-10/14. 

日本音響学会第148回(2022年秋季)研究発表会賛助会員ポスター展示. 札幌市, 2022-09-14

ICTフェア in 東北 2022. 仙台市, 2022-06-21

GINZA 456 Created by KDDI. 中央区, 2020-10-31/11-13, 2020-11-28/12-11. 

山野楽器銀座本店. 中央区, 2020-10-24/11-01. 

GINZA 456 Created by KDDI. 中央区, 2020-09-26/Present. 

ケーブル技術ショー 2020. オンライン. 2020-07-01/08-31. 

CEATEC 2019. 千葉市, 2019-10-15/18. 

映像情報メディア学会冬季大会 2018. 港区, 2018-12-20/21. 

MUTEK.JP 2018. 江東区, 2018-11-01/04. 

Maker Faire Tokyo 2018. 江東区, 2018-08-04/05. 

超臨場感コミュニケーション産学官フォーラムシンポジウム 2018. 江東区, 2018-06-01. 

ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2018. 江東区, 2018-05-23/25. 

遊ぶ。暮らす。育てる。SATOYAMA & SATOUMIへ行こう 2018. 横浜市, 2018-03-31/04-01. 

CEATEC JAPAN 2017. 千葉市, 2017-10-03/06. 

ふくしまICT未来フェア 2015. 福島市, 2015-11-20. 

2012 International Consumer Electronics Show (CES). Las Vegas, Nevada, United States, 2012-01-10/13. 

CEATEC JAPAN 2011. 千葉市, 2011-10-04/08. 

2011 International Consumer Electronics Show (CES). Las Vegas, Nevada, United States, 2011-01-06/09. 

講演・講義 (28)

電子情報技術産業協会ディスプレイデバイス統括委員会人間工学検討グループ「人間工学ミニシンポジウム」. オンライン (千代田区), 2023-11-28

千葉工業大学先進工学部知能メディア工学科技術者倫理. 習志野市, 2023-11-15, 2023-11-22

産業応用工学会全国大会2023. 別府市, 2023-09-07. (基調講演). 

情報通信学会モバイルコミュニケーション研究会. 港区, 2023-08-30

東京都立大学システムデザイン学部電子情報システム特別講義I. 八王子市, 2023-08-07

千葉工業大学先進工学部知能メディア工学科専門特別講義. 習志野市, 2023-05-19

映像情報メディア学会2022年冬季大会2021年度各賞受賞企業による記念講演. 新宿区, 2022-12-22

千葉工業大学先進工学部知能メディア工学科技術者倫理. 習志野市, 2022-11-09, 2022-11-16

日本音響学会第148回(2022年秋季)研究発表会技術動向レビュー. 札幌市, 2022-09-14

東京都立大学システムデザイン学部電子情報システム特別講義I. オンライン (八王子市), 2022-08-09

千葉工業大学先進工学部知能メディア工学科専門特別講義. 習志野市, 2022-06-17

電子情報通信学会九州工業大学学生ブランチ講演会. オンライン (北九州市), 2022-02-04

千葉工業大学先進工学部知能メディア工学科技術者倫理. 習志野市, 2021-11-24, 2021-12-01

東京都立大学システムデザイン学部電子情報システム特別講義I. オンライン (八王子市), 2021-09-06

URCFシンポジウム2021「Beyond 5G社会の実現に向けた超臨場感コミュニケーション技術の挑戦」. オンライン (新宿区), 2021-08-27. 

子ども大学ふじみ野. ふじみ野市, 2021-08-14

千葉工業大学先進工学部知能メディア工学科専門特別講義. 習志野市, 2021-06-25

情報通信技術委員会【2020年度情報通信月間参加行事】TTCオンラインセミナー「超高臨場感技術の標準化動向と事例に見るサービス展望」. オンライン (港区), 2020-11-27. 

千葉工業大学先進工学部知能メディア工学科技術者倫理. オンライン (習志野市), 2020-11-18, 2020-11-25. 

東京都立大学システムデザイン学部電子情報システム特別講義I. オンライン (八王子市), 2020-09-08. 

千葉工業大学先進工学部知能メディア工学科専門特別講義. 習志野市, 2020-07-31. 

首都大学東京第20回ICTイノベーションセミナー. 日野市, 2020-01-21. 

首都大学東京システムデザイン学部電子情報システム特別講義I. 八王子市, 2019-09-18. 

首都大学東京システムデザイン学部情報通信特別講義/電子情報システム特別講義I. 八王子市, 2018-08-07. 

首都大学東京第12回ICTイノベーションセミナー. 日野市, 2017-04-27. 

九州工業大学大学院工学府電気電子工学専攻先端通信・ネットワーク特論. 北九州市, 2017-02-09. 

九州工業大学大学院工学府電気電子工学専攻先端通信・ネットワーク特論. 北九州市, 2014-12-16. 

映像情報メディア学会2010年メディア工学シンポジウム. 港区, 2010-07-22. 

公開アプリ (5)

App Store. 2020-03-17. https://apps.apple.com/jp/app/id1385271734

App Store. 2018-05-31. 

Google Play. 2014-04-01. 

App Store. 2012-03-21. 

Google Play. 2012-03-21. 

特許・商標 (56)

振動信号を用いた音響信号調整プログラム、装置及び方法

特開2023-078849. 

音響材料特性推定プログラム、装置及び方法、並びに音響シミュレーションプログラム

特開2023-007657

異なる音場の複数の録音音響信号を合成する音響信号合成装置、プログラム及び方法

特開2022-094582

音響信号の合成装置及びプログラム

特開2022-016673. 特許第7212747号. 

音響信号を所定の到来方向から再生する再生装置、システム、プログラム及び方法

特開2021-197591. 特許7349410号. 

複数のマイクによって収音した環境音信号を再生装置へ送信する収音装置、システム、プログラム及び方法

特開2021-196433

特定の音響信号を抑圧した環境音を送信する収音装置、システム、プログラム及び方法

特開2021-162742. 特許7316974号. 

複数のマイクロフォンの収音信号をミキシングする装置、プログラム及び方法

特開2021-132261. 特許第7217716号. 

音響信号の合成装置及びプログラム

特開2020-145577. 特許第7065801号. 

画像に応じて音オブジェクトを混合するプログラム、装置及び方法

特開2020-144574. 特許第7116424号. 

音響信号のミキシング装置及びプログラム

特開2020-053862. 特許第6900350号. 

Acoustic Signal Mixing Apparatus and Non-transitory Computer Readable Storage Medium

JP2020053862. WO/2020/066373

音響信号のミキシング装置及びプログラム

特開2019-068210. 特許第6841743号. 

Acoustic Signal Mixing Device and Computer-readable Storage Medium

JP2019068210. WO/2019/065447. US10951984. 

端末、表示制御方法及び表示制御プログラム

特開2018-128745. 特許第6666864号. 

中継装置、情報共有システム、中継方法、及び中継プログラム

特開2018-128743. 特許第6714525号. 

音のVR

商願2018-033327. 登録商標第6130875号. 

音声信号処理装置、方法及びプログラム

特開2017-134153. 特許第6541588号. 

通信端末装置、システム、方法およびプログラム

特開2016-154320. 特許第6517038号. 

自動ミキシング装置およびプログラム

特開2016-126136. 特許第6524463号. 

仮想音源を提供情報位置に配置する携帯端末、音声提示プログラム及び音声提示方法

特開2016-021169. 特許第6263098号. 

入力支援装置、入力支援システムおよびプログラム

特開2016-014987. 特許第6342236号. 

ボイスキャンセリング装置

特開2015-187694. 特許第6389080号. 

文字入力支援装置、プログラムおよび文字入力支援システム

特開2015-153193. 特許第6238779号. 

入力支援装置、入力支援システムおよびプログラム

特開2015-153174. 特許第6226472号. 

オーディオ信号処理装置、録音再生装置およびプログラム

特開2015-073149. 特許第6226465号. 

マルチメディア装置およびプログラム

特開2015-070324. 特許第6186627号. 

倍音成分の雑音を含む音声信号からコードに対応する特定周波数を検出する装置、プログラム及び方法

特開2015-050672. 

音声伝達装置、音声伝達方法

特開2015-032844. 特許第6147603号. 

情報処理装置、プログラムおよび情報処理システム

特開2015-032110. 特許第6179034号. 

受話品質測定方法、受話品質測定装置およびプログラム

特開2014-192878. 特許第6033152号. 

動作検出装置およびプログラム

特開2014-157413. 特許第6034715号. 

ポインティングシステム

特開2013-016047. 特許第5683397号. 

ポインティングシステム

特開2013-016046. 

マルチメディア装置

特開2012-253439. 

ポインティングシステム

特開2012-248028. 特許第5665656号. 

ポインティングシステム

特開2012-243221. 特許第5647070号. 

スピーカアレイシステム

特開2012-209721. 特許第5595319号. 

無線通信方法およびシステムならびにその無線通信装置

特開2011-199381. 特許第5414059号. 

ヘッドトラッキング装置および制御プログラム

特開2011-188444. 

スピーカアレイ

特開2011-182067. 

ポインティングシステム

特開2011-170545. 特許第5462656号. 

ポインティングシステム

特開2011-008722. 特許第5322806号. 

雑音抑圧方法、装置およびプログラム

特開2010-239424. 特許第5107956号. 

測位方法およびシステム

特開2010-175374. 

音源分離方法、装置およびプログラム

特開2010-171585. 特許第5113096号. 

雑音抑圧方法、装置、プログラムおよびその記録媒体

特開2009-130908. 

音声強調装置

特開2007-093630. 

音響信号処理装置

特開2007-027939. 

データ作成装置及びコンピュータプログラム

特開2007-017462. 

マイクロホンアレーにおけるマイクロホン受音信号の同相化方法および同相化装置

特開2005-260744. 

マイクロホンアレー

特開2005-260743. 特許第4156545号. 

モーションキャプチャシステム及びモーションキャプチャ方法

特開2005-181088. 

マイクロホンアレー座標系の逐次的補正方法、マイクロホンアレーにおけるマイクロホン受信信号の補正方法および補正装置

特開2004-112701. 特許第3929863号. 

適応信号処理システム

特開2002-095097. 

頭外音像定位装置

特開2001-285998.